おまとめローンで金利が下がらなければ意味が無い おまとめローンで金利が下がらなければ意味が無い

複数の業者から借り入れがあって、返済に追われるようになると考えなければいけないのがおまとめローンと言われる一本化です。
一本化は金利を抑えたり複数の返済日を1つにしたり出来ます。

選択肢としては消費者金融か銀行カードローンのどちらかでになるでしょう。
おまとめローンによって金利が下がらなければ意味が無いので、現状をしっかりと把握しておく必要があります。

金利を下げたいのならやはり銀行カードローンになる訳ですが、消費者金融でもおまとめローンで高額融資を受ければ金利が下がる可能性があります。
おまとめローンの契約なら消費者金融でも総量規制の対象にはならないので、年収の3分の1以上借りることが出来ます。
金利に問題がなければ次は審査の問題です。審査が長期に及ぶものは避けたいです。

消費者金融ならおまとめローンでも審査は早いです。審査の早さが消費者金融の売りですからこの部分はさすがと言えます。
銀行カードローンは金利の低さから是非契約したいのですが、審査スピードで劣ります。
しかし、今はかなり早くなってきています。テレビ窓口まで出向く必要があったりしますが、審査で1ヶ月待ちとかはほとんどありません。

また銀行カードローンは大手だけでなく、地方銀行も様々なサービスを提供しています。
地元密着型で便利に使える事も多いので詳しく調べてみる価値は十分にあります。
おまとめローンで注意が必要なのは、インターネットでの申し込みが出来ない場合と、
パート・アルバイトでは利用できない場合が多い事です。

上の2つは簡単便利な申し込み。借り入れ出来る人の条件の緩さ。といった気軽に利用できる事の代表的な項目ですが、おまとめローンではその辺りは厳しくなります。
なので、アルバイトの人などは多重債務に陥らないように細心の注意が必要です。

おまとめローンでの一本化は出来るだけ早くして、傷が浅いうちに対処すれば、一般の人は当然として主婦やアルバイトでも審査に通る可能性が上がります。是非、善は急げを実践してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です