おまとめローンに申し込むまえにチェックしておきたい3つのポイント おまとめローンに申し込むまえにチェックしておきたい3つのポイント

借り入れをひとつにまとめることで、金利や返済の負担を減らすことができるおまとめローンはとても魅力的な商品です。おまとめに成功すれば毎月の返済が1回になりますから、次々とやってくる返済日に苦労することもなくなります。ただ、おまとめローンにも審査はあります。一般のキャッシング審査に比べて厳しい部分もあるので、申し込むまえにできるだけの対策を行って審査に通過する可能性を少しでも引き上げておきたいものです。

契約条件を確認する

おまとめローンに申し込むまえに契約条件を細かくチェックしておくことは重要です。ホームページなどにはおまとめローンの金利や限度額が大きく表示されているので、細かな契約条件を読む必要はないように見えます。しかし、年齢の制限や年収の制限など細かな契約条件が載っていることも珍しくありません。年齢や年収は条件を満たしていないと、どんなことをしても審査落ちになってしまいます。申し込み自体が無駄になり、しかも審査落ちの記録が信用情報にも載ってしまうので、契約条件を満たしているかどうかしっかりとチェックしておきましょう。

延滞があるときは返済を済ませてから申し込む

申し込んだ時点で延滞をしていないというのは、おまとめローンの審査に通るための絶対条件です。信用情報その他の調査によって延滞をしていることが判明してしまうと、おまとめローンの審査にはほぼ通らないと考えてよいです。そのため、延滞をしている借り入れがあるときは、きちんと返済を済ませて延滞状態を解消してからおまとめローンに申し込むようにしてください。

借入先を減らしてから申し込む

延滞を解消することは必須ですが、そこからさらに一歩進めて借入先を減らすとおまとめローンの審査ではたいへん有利になります。審査においては借入残高と共に借入先の件数も重要な判断材料になります。借入先が4社以上などあまりに多すぎると審査ではたいへん不利になります。借入残高の少ない借入先があれば、なんとか繰り上げ返済で完済し、借入先の数を減らしてからおまとめローンに申し込むようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です