おまとめローンの審査で最も重要なこと おまとめローンの審査で最も重要なこと

複数の業者からお金を借りていて、毎月の返済が負担になってきている人もいるでしょう。
負担に感じる理由として、高い金利の中での借金返済で返済自体が苦しくなっているということ、
そして借入先が複数あると借金の管理をするのが大変で、返済日や返済額を把握しきれないという管理面、
メンタル面からの負担があります。

そういう状況に陥っている場合、おまとめローンで借金を一本化を検討してみてもいいかもしれません。

おまとめローンは、文字通り複数の借金を一つの金融業者にまとめて返済していく方法です。借入先が一つになるので、返済日や返済額がきっちりと把握できるので借金が返済しやすくなりますし、銀行のおまとめローンは金利も低く設定されているので、毎月の返済額も減る可能性もあります。本気で借金返済を考えた場合、おまとめローンは有効な手段だと言えますが、銀行のおまとめローンの審査はある程度の厳しさが予想されるので、申し込む時にはより審査に通りやすいように注意する必要があります。

一番重要なのは、信頼・信頼です。審査の時点でいう信用とは、申し込み時の申請書類に嘘は記入しないということです。一見、当たり前のことのように思いますが、審査に通りたいという気持ちが強いあまりに、虚偽の記入をしてしまうケースは多いのです。

年収を水増しして記入したり、借り入れ件数を少し少なく記入してみたり、非正規雇用であるのに正社員と偽ってみたり、
「これくらいならばれないだろう」という軽い気持ちで虚偽の申告をしてしまう場合があるのです。

銀行はあらゆるデーターベースを使って審査をするので、虚偽の記載をしてもすぐに見破られてしまい、
信用度が落ちて審査落ちしてしまう可能性が高いです。申告書は正直に記入すること、それが申し込み時点では一番重要になってきます。

逆に言うと、自分が不安な部分を改善してから審査の申し込みをした方が、より審査が通る可能性が高くなります。

借り入れ件数が多いことが不安なら、少し減らしてから申し込むとか、転職して間もないことが不安なら、
転職後半年は経過してから申し込むなど、自分の不安と真正面から向き合うことも審査に通る秘訣かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です