おまとめローン審査基準や特徴を知って審査に挑む おまとめローン審査基準や特徴を知って審査に挑む

複数業者からの借金を1社にまとめて、金利を下げて返済負担を楽にするおまとめローンですが、審査にクリアしなければ活用出来ませんから審査基準や特徴を知った上で活用する事が望ましいです。

おまとめローンは総量規制の無い銀行はもちろん、
総量規制によって年収の3分の1以上借り入れが出来ない消費者金融でも例外的に利用出来るサービスです、
金利設定は銀行の方が低くなる傾向にありますが、審査は銀行の方が慎重になっています。

いずれにしても審査クリアしなければ利点を活用出来ませんから、審査で何を重視されているかを掴んでおく事が望ましいです。

通常のカードローン審査よりもおまとめローンの審査の方が厳しい傾向にあり、業者によっては定められた年収をクリアしておかないと申込み地点で却下される事もあります、複数社からの借金がある多重債務者が申し込むサービスになりますから、業者側からすれば貸し倒れリスクを抱えているので慎重にならざるを得ません。

チェック項目としては年齢や年収、職種、在籍年数等の通常のカードローン審査で必要な基本情報はもちろんの事、他社借り入れ件数、過去の返済歴という情報が重視される傾向にあります。

他社借り入れ件数が多い程、審査は厳しくなる傾向にあり、例えば50万円を4社から200万円借りている場合と。200万円を1社から借りている場合では、後者の方が信用が高いと判断されます。

理由としては1社辺りから大きな融資を受ける事が出来るという方は、返済実績があり一定以上の信用度を認められた方になります、50万円を細かく複数社に借り入れを行うという事は、返済実績の無い方という風に判断されます。

ですから借金総額よりも借り入れ件数がチェックされるポイントになり、3件までならおまとめローン審査に通る可能性があるものの、それを超えてくると慎重に対応される可能性が高くなります。

他にも注意したい事は短期間に何社にも申し込む事は避けた方が良いでしょう、申し込みの履歴は信用情報機関に残されますから、短期間の複数申し込みは業者側からチェックされる事になり、おまとめローンを受ける事が出来ない可能性を広げてしまいますから、目安としては月に3回以上はリスクが高くなると知っておくと良いでしょう。

他にも過去の返済歴に傷がある方も審査が厳しくなります、延滞や滞納、債務整理等を行った経験があればリスクの高い客として判断されがちです。

おまとめローンを受ける場合には、借り入れ件数、過去の返済歴、多重申し込みに注意して審査に挑むようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です